忍者ブログ
滲む気持ちをここに。
[1] [2]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 物理的には、現実は私はあの場所から帰って、またいつもの生活を送っているのだけれど、不思議とここにいる気がしない。
 部屋からは、ここから旅立つ前と景色が続いているのに。
 まだあの場所にいる、気持ちが。
 まだ心に響いているのだろうなぁ。
 あの時の空気、場所、ヒト、すべて。
 私が行ったのは旅ではなかったのだと思う。
 観光や見物の類ではない時間を過ごした。
 もう少し時間が経ってから、それをゆっくり言葉にできるのだと思う。
 きっと。
 全部を言葉に変換することは無理だろうけれど、少しなら。
 そんな気がしてならない。

PR

あの空間にいたら、また始めたくなった。
とっても楽しそうなんだもの。
あの空気がたまらなく好きで。
昔書いていた落書きみたいな絵を、また書きたくなった。
ずっと前に、何の理由も無く止めた絵を。
小さな灯りを心に包んで。

 今、『人生の旅をゆく』という吉本ばななさんの本を旅先までの電車で読んでいる。
 もう何回も読んでいるのだけれど、とっても面白い。読んでいると、いろいろなことに気付かされる。
例えば、自分が苦しんだことの本当の理由だとか、毎日を楽しく過ごすこととか、当たり前だと思うことをおろそかにしないこととか。
だから、この約半年が少しずつだけれど、自分のいる白黒な世界が色付いてきた。
 実は、今回の旅はこの本を貸していただいた方の所に会う旅なのだ。
 あ、もうすぐ着く。

これから始まる新しい旅

何が起こるのやら

今日は綺麗な快晴で

景色も読書も最高

 生まれ育った場所でも生活したこともない場所。
 けれど、毎回お別れするのはつらい場所。
 
 透明な赤紫色の甘酸っぱい気持ちでそれは胸をしめつける。
 別れの時間はせまって、それに逆らうことはできない。
 改札と通る前の最後会話で、一瞬顔が歪んでしまったが、前回歪んでしまった時に「笑顔でお別れだ」と言われたことが頭をよぎって、無理やりぎこちない笑顔を作った。
 そして、できる限りの笑顔で手を振ってその場所を去った。
 
 出発してしばらくたってから、やっぱりその気持ちは溢れた。
 もう二度と会えないわけではないのは頭ではわかっているのだが、心の器じゃその気持ちは入りきらない。
 
 甘酸っぱすぎる。
 そう思ったとき、なぜかローズヒップティーの味を思い出した。
 多分あの味はぴったりなんだろう。
 感覚でそう思った。
   いつも大切な人たちとの別れはこんな味。

 また明日から、ここで私の生活が始まる。
 始まるんだ。
 だからこの気持ちとお別れしなきゃと思うけれど、まだできそうにない。

プロフィール
HN:
性別:
非公開
自己紹介:
ハリネズミのような矛盾した性格。
ハリネズミのジレンマのように。
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[09/01 むらた]
[01/07 梅]
[01/07 梅]
[01/07 sigezo]
[01/07 takusuke]
名無し
ブログランキング・にほんブログ村へ
方言三昧
カウンター
からだ巡る
忍者ブログ [PR]
♥ sozai:ふわふわ。り Template by hanamaru.