忍者ブログ
滲む気持ちをここに。
[303] [304] [300] [299] [298] [297] [296] [295] [294] [291] [293]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 あんなに心が跳ねた夜が嘘のようだった
 目覚めると静かな心と私だけが部屋の中にあった

 猫は、夜に現れてまた夜に溶けていった
 そこにいたのよ、猫がたしかに
 でも私は掴まなかった、だって猫は目をそらしっぱなし
 そんな猫に安藤裕子の 『のうぜんかつら』の歌詞を思いだしていた

 “あなたは何を見てたの?
  ソーダ水越しでは 
  あなたが揺れちゃって
  あたしは迷っちゃって 
  いつか一人になって

  二人の時間も泡みたいになって 
  あなたの匂いを一人探していた ”
  
 猫が部屋に入ってきてからずっと鈍い痛みを感じていた
 私が猫にしてきたひどいこと、思い出していた
 心跳ねたのは、可愛らしい感情からきたことじゃないことぐらい、わかってたわ
 やっと猫に元気な姿を見せれたから、ただそれだけだったの
 そうしてやっと少しは償えたこと、できたからだったのよ

 どうか、あの猫が幸せになれますように
 それだけを遠い部屋から祈る
 そして、最大の感謝を
 

PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
E-MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
性別:
非公開
自己紹介:
ハリネズミのような矛盾した性格。
ハリネズミのジレンマのように。
カレンダー
03 2019/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
[09/01 むらた]
[01/07 梅]
[01/07 梅]
[01/07 sigezo]
[01/07 takusuke]
名無し
ブログランキング・にほんブログ村へ
方言三昧
カウンター
からだ巡る
忍者ブログ [PR]
♥ sozai:ふわふわ。り Template by hanamaru.